SINSO(シンソー)とは、Web3.0への道を切り開く仮想通貨です。分散型データのネットワークと、データのDAO化という、次世代インターネットに欠かせないパーツを提供しています。

SINSOは、元ZOZOの前澤友作氏が出資しており、成功を収めた仮想通貨「Filecoin」の関連プロジェクトであることから注目を集めています。

本記事は、SINSO情報を日本語で網羅すべく立ち上げられた、SINSO日本語特設サイトです。

 

SINSOは近日、格安で先行投資可能なトークンセールが開催決定しました。SINSOへの投資を検討中の方は必ず以下の日本語版SNSをフォロー(登録)してお待ちください。

\公式LINEで最重要アナウンスを取得/SINSO公式LINE

\チャットでSINSO投資家同士で情報交換/SINSOオープンチャット

\ツイッターをフォローして最新情報を入手/SINSO日本語ツイッター

\SINSO購入はこちら※ブックマーク推奨/SINSO購入ページボタン

早期完売濃厚につき、セール開始後すぐに手続きできるようお申し込みページを「ブックマーク」してご準備を!

SINSOトークンは「データのDAO化」を実現する前澤友作氏出資の仮想通貨プロジェクト

SINSOトークンは「データのDAO化」を実現する前澤友作氏出資の仮想通貨プロジェクト

SINSO(シンソー)とは、Web3.0への道を切り開くため、「データのDAO化」を実現する仮想通貨プロジェクトです。

DAOとは、日本語で「分散型自律組織」を意味しています。

まだインターネットの世界で「データのDAO化」が完全に実現しているとはいえません。これにより、どれほどの損失が生まれているかご存じでしょうか?

国家やGAFAなどビックテックに、私たちの個人情報は収集され、Web3の世界では個人が情報の提供の対価として当たり前に受け取るべきトークンを、Web2企業は合法的に搾取しています。

もちろん、「Web3」や「データのDAO化」は、実現不可能な理想論ではありません。

時価総額30位の分散型ストレージプロジェクトFilecoin(FIL)は、その一歩手前まで到達しています。

そしてあなたが関心を寄せているこの「SINSO」もまた、Filecoinの関連プロジェクトとして頭角を現すことがほぼ確実されています。

このことは、企業経営者の前澤友作氏がデータのDAO化を実現するSINSOを高く評価し、巨額の出資をおこなってる事実からも明らかでしょう。

SINSO出資者である前澤友作氏とは

SINSO出資者である前澤友作氏とは

前澤友作氏は、SINSO(シンソー)トークンの将来性を高く評価し、実際に出資も実施している投資家です。

SINSO出資者である前澤友作氏とは

前澤友作氏といえば、日本最大級のファッション通販サイト 「ZOZOTOWN」を立ち上げたほか、民間日本人として宇宙旅行を実現しました。

SNSで巨額の「お金配り」を実施し、インフルエンサー・著名人としてツイッターのフォロワーは1072万人を突破しています。

SINSOは多数の有力企業からの出資を受けており、投資家には恵まれています。

しかし前澤友作氏の絶大な「影響力」は、他のプロジェクトにはない強みとして今後のSINSOをバックアップすることになるでしょう。

SINSOのエアドロップはMZDAOが協賛

SINSOのエアドロップはMZDAOが協賛

SINSO(シンソー)は2022年12月、エアドロップイベントを開催しました。その際、MZDAOも協賛しました。

前澤友作氏は近年、仮想通貨領域に注力しています。MZDAOは、同氏が新たなビジネスの形として立ち上げた分散型自律組織です。

 

SINSOは近日、格安で先行投資可能なトークンセールが開催決定しました。SINSOへの投資を検討中の方は必ず以下を登録してお待ちください。

\公式LINEで最重要アナウンスを取得/SINSO公式LINE

\SINSO購入はこちら※ブックマーク推奨/SINSO購入ページボタン

早期完売濃厚につき、セール開始後すぐに手続きできるようお申し込みページを「ブックマーク」してご準備を!

SINSOトークンの将来性|今後世界的に評判が高まる9つの根拠

SINSOトークンの将来性|今後世界的に評判が高まる9つの根拠

SINSO(シンソー)トークンには、今後世界的に評判が高まる9つの根拠が存在します。

以下、SINSOの将来性が価格上昇をもたらす9つのポイントである、

  1. SINSOは成功を収めたFilecoin(時価総額30位)の関連プロジェクト
  2. SINSOの投資評価額1.5億ドルも、依然として過小評価
  3. 前澤友作氏はSINSOに1.5億ドルの評価額で投資済み
  4. SINSOはデータとNFTに真のWeb3をもたらす
  5. 近い将来、アマゾンクラウド (AWS Cloud)のSINSO対応にも期待
  6. $SINSOは継続的なBurn(バーン)で希少価値を強制的に高める設計
  7. $SINSOはマイニングやステーキングで価格横ばいでも利益を見込める
  8. SINSOエコシステムの参加プロジェクト増加で$SINSO価格も上昇へ
  9. SINSOのテストネット開発は大成功

について、順番に解説します。

SINSOは成功を収めたFilecoin(時価総額30位)の関連プロジェクト

SINSO(シンソー)は、Filecoinエコシステム(Filecoinの経済圏)に参加する代表的なプロジェクトです。

そのため、初期のタイミングから、Filecoinを採用するユーザーや企業のSINSOへの大量参入が期待できます。

もちろんSINSOは機関投資家らが2023年を代表するプロジェクトとしてプッシュしており、その規模は巨大です。

そのため、相乗効果でFilecoinも2023年に最大の成長をみせます。

実のところ、Filecoin(FIL/時価総額30位前後)は、「過小評価」されています。正当な評価の10分の1にも満たない状態です。なぜなら、今後、医療分野への応用、機密文書保存、個人情報保護など観点から分散型ストレージの需要は増すばかりですが、特に個人投資家には正しく認知されていないからです。

SINSOの登場は、Filecoinエコシステムの評価をまったく違ったものに引き上げることも忘れてはなりません。

Filecoinはあくまで土台であり、そのままでは利便性に欠けるFilecoinのストレージをSINSOという画期的なプロジェクトによって、

  • ストレージの高速化・低コスト化
  • データの保存領域拡大
  • データの秘匿性とセキュリティの向上
  • データのNFT化

を可能とします。

結果、SINSOとFilecoinの価値はますます高まることになるでしょう。

SINSOの投資評価額1.5億ドル(約193億円)も、依然として過小評価

SINSO(シンソー)は、投資評価額1.5億ドル(約193億円)を持つプロジェクトですが、それでもなお「過小評価」されていると言わざるを得ません。

SINSOはすでに機関投資家から200億円以上の資金調達に成功していますが、

  • SINSOのメインサービスSINSO Getwayは30社以上の有名IT・有名クリプト企業の導入が決定している
  • 「分散型ストレージ」自体が需要拡大が確実でありながら、投資家に理解が追いついていない
  • 仮想通貨市場の次の長期上昇トレンドで、SINSOの時価総額も急増が見込まれる
  • 2022年末には、SINSOの母体であるFilecoinネットワーク上に保管されているNFTは1億個を突破するなど拡大中

という材料から、まだ巨大プロジェクトSINSOの名が本当の意味で響き渡るのはこれからです。

前澤友作氏はSINSOに1.5億ドルの評価額で投資済み

日本最大級のファッション通販サイト 「ZOZOTOWN」創業者の前澤友作氏も、投資評価額1.5億ドル(約193億円)にてSINSO(シンソー)に投資しています。

この事実は、多数のトークンセールを実施する仮想通貨プロジェクトの中で群を抜いています。

ちなみに、前澤友作氏は2022年8月22日、ZOZOの株式86億円を売却し、その後、日本円にして5億円を$SINSOに投資しています。

「Web 3.0」は逆らえない次世代インターネットの潮流

「Web 3.0」は逆らえない次世代インターネットの潮流

SINSO(シンソー)の提供する「Web 3.0」は、2020年代の逆らえない次世代インターネットの潮流です。

Web1.0~Web3.0の流れは、

  • Web1.0(1990年代):WWW(World Wide Web)を用い、個人がテキストベースのホームページで一方的に情報を発信し、ユーザーはそれを閲覧する時代
  • Web2.0(2000年代):Facebook、Twitter、Instagram、YouTubeなどのSNSの登場により、画像や動画などの情報を発信者と閲覧者で双方向のやり取りが可能となった時代
  • Web3.0(現在~):仮想通貨とブロックチェーン技術を用い、GAFAなど中央集権的主体に個人情報を提供することなく、情報漏洩リスクの問題を解決する時代

と上記のように加速してきました。

今、SINSOがプロジェクトを加速させようとしている理由は、2023年の今こそWeb3.0領域の分散型ストレージの飛躍の「早すぎず、遅すぎない」タイミングであるからです。

 

SINSOは近日、格安で先行投資可能なトークンセールが開催決定しました。SINSOへの投資を検討中の方は必ず以下を登録してお待ちください。

\公式LINEで最重要アナウンスを取得/SINSO公式LINE

\SINSO購入はこちら※ブックマーク推奨/SINSO購入ページボタン

早期完売濃厚につき、セール開始後すぐに手続きできるようお申し込みページを「ブックマーク」してご準備を!

SINSOはデータとNFTに真のWeb3をもたらす

SINSO(シンソー)は、これまで中央集権的に管理されてきた「データ」と「NFT」に、真のWeb3.0(分散化)をもたらします。

本格的なWeb3.0時代の到来は間違いないとして、SINSOは何を提供することができるでしょうか?

Web2.0に問題があるのはもちろん、現在のWeb3.0にも、

  • Web3.0であるはずの仮想通貨プロジェクトのWebサイトやサービスなどの「データ」がGAFAなど「Web2.0企業」のクラウドサービスに保存されている
  • Web3.0であるはずの「NFT」の交換所マーケットプレイスがOpenSeaなど「Web2.0企業」に支えられている

といった多数の課題があります。

このような「なんちゃってWeb3.0」を本物のイノベーションだと多くの投資家が信じてしまっているのは、Web3.0がスタートしたばかりの黎明期である証拠です。

本物のWeb3.0プロジェクトは、FilecoinとSINSOを組み合わせた非中央集権的なストレージが基本中の基本です。

これらは複数の技術的課題で実現していませんでしたが、SINSOが非中央集権的ストレージの利便性やコストを下げるソリューションを開発するなど「時代が追いつく」ことで、仮想通貨業界は、真のWeb3.0(分散化)の時代へ突入します。

近い将来、アマゾンクラウド (AWS Cloud)のSINSO対応にも期待

SINSO(シンソー)は、Amazonなど巨大IT企業がいずれ参入するのは時間の問題と予想される「分散型ストレージ」を提供した際にも、それらと紐付け可能な柔軟性を備えています。

Filecoinなどの仮想通貨プロジェクトによる分散型ストレージの需要が高まれば、GAFAなどは新たな利益を求め、Web2.0からWeb3.0に対応したストレージの提供を始めるのは必須の流れといえます。

その結果、Filecoinのシェアは縮小するかもしれませんが、SINSOにはむしろ追い風です。

たとえば近い将来、アマゾンクラウド(AWS Cloud)が分散型ストレージをリリースした場合、Filecoinだけではなく、アマゾンクラウドにもSINSOから分散型ストレージにアクセス可能になります。もちろんこの例は、アマゾンクラウドに限りません。

SINSOはどのような分散型ストレージに対しても、レイヤー2を素早く構築できる柔軟性を備えています。

$SINSOは継続的なBurn(バーン)で希少価値を強制的に高める設計

SINSO(シンソー)トークンは、プロジェクトの方針により継続的なBurn(バーン)がおこなわれ続けます。

そのため、SINSOトークンの希少価値は時間を経ることに高まり、価格上昇が期待できます。

【Burn(バーン)とは】
Burnとは日本語で「燃える」の意味で、仮想通貨業界では「発行者が保有するトークンを意図的に流通量から消し、二度と使えなくする」施策を言います。SINSOでは、一例として、$SINSOを取引する際の手数料の一部がBurn(バーン)される仕様です。

Binanceが発行する$BNBなどの取引所トークンは歴史的急騰を続けてきましたが、その背景には、Burn(バーン)が徹底しておこなわれていたことがあります。

SINSOにおいても成功例に学び、Burn(バーン)の施策によりデフレを促し、SINSOトークンの1枚あたりの価格・希少性を「強制的」と言えるほど強く高めていきます。

$SINSOはマイニングやステーキングで価格横ばいでも利益を見込める

$SINSOはマイニングやステーキングで価格横ばいでも利益を見込める

SINSO(シンソー)トークンはキャピタルゲイン(値上がり益)が期待できると当サイトは考えていますが、実装されるマイニングやステーキングにより、インカムゲイン(定期収入)も期待できます。

つまり、仮にSINSOトークンが横ばいだとしても、投資家はAPY(利回り)を確保できます。

SINSOで得られるインカムゲインの一例は、ノードステーキングです。ノードを提供することで、$SINSOが報酬として得られます。

ステーキングはSINSOトークンを保有するインセンティブとなるため、結果的に$SINSOの価格安定にも繋がる設計となっています。

 

SINSOは近日、格安で先行投資可能なトークンセールが開催決定しました。SINSOへの投資を検討中の方は必ず以下を登録してお待ちください。

\公式LINEで最重要アナウンスを取得/SINSO公式LINE

\SINSO購入はこちら※ブックマーク推奨/SINSO購入ページボタン

早期完売濃厚につき、セール開始後すぐに手続きできるようお申し込みページを「ブックマーク」してご準備を!

SINSOエコシステムの参加プロジェクト増加で$SINSO価格も上昇へ

SINSO(シンソー)トークンは、SINSOエコシステムの基軸通貨であるため、エコシステムへの参加プロジェクト・企業が増えるたびに、トークンの価格上昇が期待できます。

SINSOは後述するように、すでに50以上の企業や仮想通貨プロジェクトとパートナー契約を提携しており、安定したエコシステムを確立しつつあります。

さらに、未公表情報ではありますが、当サイトはSINSO海外運営とのコネクションにより、追加で有名企業を含む30社以上がSINSOエコシステムへ参入することも掴んでいます。

このインパクトは非常に大きく、SINSOトークンの価格上昇へと作用することは必至です。

SINSOのテストネット開発は大成功

SINSO(シンソー)プロジェクトは、すでに正式版となるメインネットととほぼ同じ実装内容の「テストネット」の開発に成功しています。

SINSOテストネットでは、9,000以上のノードと接続済みです。

大きな労力を要するテストネットがすでに開発されていることは、$SINSOを保有する投資家にとって「保険」ともいえるでしょう。

なぜなら、アルトコインの初期投資家の多くが、プレセールに参加したもののプロジェクトが製品の開発に頓挫するという「ハズレ」銘柄に苦しめられてきたからです。

SINSOはこうしたリスクを最小限にしつつ、利益最大化を期待する投資家にも応える銘柄だといえます。

SINSOはなぜ必要か?「5つのプロダクト」で「5つの課題を解決」

SINSOはなぜ必要か?「5つのプロダクト」で「5つの課題を解決」

SINSO(シンソー)は、仮想通貨・Web3.0業界に「5つのプロダクト」をリリースし、それによって「5つの課題を解決」します。

当サイトは、海外SINSO運営チームとのコネクションを持ち、周辺事情を理解するにつれ、SINSOトークンの将来性に確信を持っています。

しかし、「SINSOというプロダクトがなぜ、仮想通貨業界に必要なのか?」「本当にSINSOには今後、大きな需要が生まれるのか?」という疑問もあるでしょう。

そこで、SINSOの「5つのプロダクト」と「5つの課題解決」について簡単にご紹介します。

SINSOが提供する「5つのプロダクト」

SINSO(シンソー)が手がける主なプロダクトは現時点で、

  1. SINSO Getway®
  2. Donors Network(ドナーネットワーク)
  3. DAPP Cube(DAPPキューブ)
  4. SINSO DAC
  5. Data Land(データランド)

の5つです。

それぞれ解説します。

SINSO Getway®

SINSO Getway®

SINSO Getway®は、Web3.0のレイヤー2インフラストラクチャーであり、現時点ですでに開発が完了しているSINSO(シンソー)のメインサービスです。

Web3.0と切っても切れない関係にあるメタバース領域は、VRゲーム、動画などとともに市場規模が急拡大しています。

しかし、メタバースの仮想通貨プロジェクトは、「高画質化に伴い、データが年々重くなる」ことが確実視されています。また、ブロックチェーンゲームを遊ぶユーザーの端末のストレージ容量も非常に圧迫される性質を持っています。

SINSO Getway®は、従来の方式ではなく、新たな「SINSO Getway®方式」によって、この問題を解決します。

具体的には、

  • 従来方式:「プロジェクト⇄ユーザー」でデータをやり取り
  • SINSO Getway®方式:「プロジェクト⇄SinsoGetway⇄ユーザー」でデータをやり取り

という違いによって、SINSO Getway®が中間でレスポンスを高速化し、ユーザーのストレージとなります。

SINSOが機関投資家を中心に約200億円の資金調達を実現したのは、まさに、この画期的なプロダクトの開発が高く評価されたからです。

 

SINSOは近日、格安で先行投資可能なトークンセールが開催決定しました。SINSOへの投資を検討中の方は必ず以下を登録してお待ちください。

\公式LINEで最重要アナウンスを取得/SINSO公式LINE

\SINSO購入はこちら※ブックマーク推奨/SINSO購入ページボタン

早期完売濃厚につき、セール開始後すぐに手続きできるようお申し込みページを「ブックマーク」してご準備を!

Donors Network(ドナーネットワーク)

SINSO Donors Networkとは、データ取引のインセンティブ(報酬)の受け渡しを自動化するモデルです。

Web2.0では中央集権企業に独占されていた「データ」は、Web3.0で個人の手に戻ります。

SINSO Donors Networkは、個人が権利を持つ「データ」を購入者に売却する際、売買をマッチングし、個人に報酬をもたらすためのプロダクトです。

DAPP Cube(DAPPキューブ)

SINSO DAPP Cubeとは、SINSOを採用する企業や機関が持つ大規模なデータを管理しやすくするためのソフトウェア群です。

簡単にいえば、大企業がSINSOとFilecoinで大規模なデータを管理するためのWeb3.0アプリを作ることができます。

SINSO DAPP Cubeには、ビッグデータに関するプロジェクトコンポーネントと、法人用通信プロトコルが含まれています。

SINSO DAC

SINSO DAC

SINSO DACは、SINSOコミュニティ(DAO)のコンセンサスに必要なフレームワークです。

簡単にいえば、SINSO DACによって、誰もがSINSOのDAOに参加・貢献することで正当で適切な報酬を得られます。

また、中央集権的ではなく、分散的なコミュニティのあり方をアルゴリズムによって実現できます。

Data Land(データランド)

Data Land(データランド)

SINSO Data Landとは、個人向けのデータ管理ツールです。

簡単にいえば、SINSO(シンソー)経済圏のデータがこのSINSO Data Landに集約して管理されます。

SINSO Data Landは、「メタバース」のデータ管理にも対応しており、メタバースへの入り口としても機能も実装されます。

SINSOが解決する現状のWeb2.0/Web3.0の「5つの課題」

SINSOが解決する現状のWeb2.0/Web3.0の「5つの課題」

SINSO(シンソー)は、現状のWeb2.0/Web3.0の問題点である、

  1. 中央集権型ストレージにおける問題
  2. データ損失の問題
  3. ストレージコストの高騰
  4. プライバシーの侵害
  5. データガバナンスの困難

の「5つの課題」を解決します。

それぞれ解説します。

中央集権型ストレージにおける問題を解決

SINSO(シンソー)は、GAFAなど大企業が提供する中央集権型ストレージの問題点を解決します。

従来のストレージの問題点には、

  • データの所有権が個人にない
  • 一ヶ所がハッキングされると情報が流出する脆弱性
  • 企業にプライバシーが筒抜け
  • 個人の行動データは、企業や、企業が協力した国家にまで筒抜け

などが挙げられます。

SINSOは特定の管理者が存在しない分散型ストレージを提供するため、これらの問題はすべて解決されます。

 

SINSOは近日、格安で先行投資可能なトークンセールが開催決定しました。SINSOへの投資を検討中の方は必ず以下を登録してお待ちください。

\公式LINEで最重要アナウンスを取得/SINSO公式LINE

\SINSO購入はこちら※ブックマーク推奨/SINSO購入ページボタン

早期完売濃厚につき、セール開始後すぐに手続きできるようお申し込みページを「ブックマーク」してご準備を!

データの保存領域の損失の問題を防止

現在は、「データの冗長性」と呼ばれる現象によりストレージが圧迫される問題があります。

SINSO(シンソー)では、データ冗長性を防止するため、データをそれぞれ異なるノードに記録する高度な仕組みを実現しています。

ストレージコストの低減を実現

Web2.0企業が提供する中央集権的ストレージの容量あたりのコストが下がらない中、SINSO(シンソー)はストレージコストを安くすることを実現しました。

中央集権的ストレージは、企業による人件費という外せないコストがあるため、コスト削減に限界があります。

SINSOでは、スマートコントラスト(自動契約機能)をフルに活用することで、ストレージ管理コストを安価に抑えます。

近い将来、GAFAが提供するストレージよりもはるかに安価で、使いやすく、高速で、何よりセキュリティが堅牢な分散型ストレージを実現します。

強力なプライバシー保護を実現

SINSO(シンソー)は、どんなサービスよりも強力なプライバシー保護機能を備えた分散型ストレージです。

ビットコインのブロックチェーンが一度もハッキングで破られたことがないように、SINSOのすべてのストレージも特殊な暗号化で厳重に守られます。

データガバナンスを促進

SINSO(シンソー)の普及で、かつての世界では考えられないほどデータは有効活用されます。

SINSOの分散型ネットワークには国境はありません。

そのため、GAFAなどWeb2.0企業が独占していた「データ市場」が新たに開放され、SINSOトークンで売買できる新たな経済圏を実現可能です。

SINSOトークンはプロジェクト唯一無二の主要ガバナンストークン

SINSOトークンはプロジェクト唯一無二の主要ガバナンストークン

SINSO(シンソー)トークンはプロジェクト唯一無二の主要ガバナンストークンです。

$SINSOに与えられた用途と価値

$SINSOに与えられた用途と価値

SINSO資料より(機械翻訳のため不自然な和訳あり)

SINSO(シンソー)トークンは、SINSOのWeb3.0のデータ経済圏で、

  • データの取引の決済手段
  • データの保管などSINSOエコシステムへ貢献したユーザーへの報酬支払い手段
  • 監査の手段
  • SINSOのデータNFTの流通、取引における決済手段
  • SINSOステーキング、マイニング

など、プロジェクトの中核的な役割を担っています。

SINSOトークンをステーキングすることで、DAOの運営方針の投票権や、配当金受け取り権を持つことが可能です。

SINSOプロジェクトのロードマップ

SINSOプロジェクトのロードマップ

SINSO(シンソー)プロジェクトの2023年のロードマップをご紹介します。

2023年Q1

  • 寄付者ネットワーク v4.0 公開
  • SINSOデータランド v3.0 公開

2023年Q2

  • 寄付者Gateway v3.0 公開
  • 寄付者ネットワーク v5.0 公開

2023年Q3

  • 寄付者ネットワーク v6.0 公開
  • SINSO Dapp cube v3.0 公開
  • SINSOデータランド v4.0 公開
  • SINSO DAC v2.0 公開
  • SINSO マイニングソフトウェア v3.0公開

2023年Q4

  • 寄付者Gateway v7.0 公開
  • SINSOデータランド v5.0 公開

SINSOプロジェクトの運営企業・運営メンバー

SINSO(シンソー)プロジェクトは、「Protocol Labs」および、前澤友作氏で知られる「MZ Web3 fund」が支援するDAO形式の仮想通貨プロジェクトです。

以下、SINSOを主導・牽引する、

  • 運営メンバー
  • 提携先
  • エコパートナー

について記載します。

SINSO運営メンバー

SINSO(シンソー)プロジェクトを主導しているのは、以下の7名の中核運営メンバーです。

SINSOプロジェクトの運営企業・運営メンバー

Ali Simsek(CEO)

● ブロックチェーン技術で11年の経験
● プロジェクトインキュベータとして7年の経験
● アルファキャピタル創業者

Michael Karin(CMS)

●全米科学アカデミー
● アメリカのナショナルリサーチエキスパート
● 欧州分子生物学会(EuropeanMolecular Biology Society)

Najeeb Zaidi(CFO & CRO)

●25年以上の多方面の国際銀行での業務および投資業務の経験
● CFAインスティテュート
● 人工知能学会

Franklin Jiang(CTO)

●15年以上の医療IT分野での経験
●グローバルWEB3.0医療財団の設立者
●中国初のイーサリアム医療研究開発チーム創設者

Brian Lau(CBO)

● 5年以上のPR、ソーシャルメディア運用経験
● 戦略的ブランディングのエキスパート
● 戦略立案、BD&PR

Azmat Muhtar(CCO)

● デジタルマーケティング&マネジメントでMBA取得
● ブランディング、広報、コミュニケーションにおける5年以上の経験
● ブロックチェーンとWeb3.0開発に注力

Elias Hohl(Advisor)

● 物理学者、サイバーセキュリティの専門家、プログラマー
● 国際物理オリンピック金メダル受賞
● 5年以上の経験を持つウェブサイバーセキュリティ専門家

SINSOの提携企業

SINSOの提携企業

エコパートナー(SINSO経済圏参加企業)

エコパートナー(SINSO経済圏参加企業)

SINSOは多数のメディアに取り上げられました

SINSOは多数のメディアに取り上げられました

SINSOは、

  • サンスポ
  • Vanguard
  • XT
  • coincu
  • コインテレグラフジャパン

を含む、多数のメディアに掲載されています(一部)。

 

SINSOは近日、格安で先行投資可能なトークンセールが開催決定しました。SINSOへの投資を検討中の方は必ず以下を登録してお待ちください。

\公式LINEで最重要アナウンスを取得/SINSO公式LINE

\SINSO購入はこちら※ブックマーク推奨/SINSO購入ページボタン

早期完売濃厚につき、セール開始後すぐに手続きできるようお申し込みページを「ブックマーク」してご準備を!

$SINSO最新情報の概要・詳細

※準備中です。

$SINSOの買い方・図解購入手順

※準備中です。

SINSOトークンに関するよくある質問

SINSO(シンソー)トークンに関するよくある質問(Q&A)をまとめました。

SINSOとFilecoinなど既存のプロジェクトは何が違いますか?

ごく簡単にいえば、SINSOは既存のSINSOは、Filecoin、Arweave、Crustなどの分散ストレージを、独自のプロダクトでよりコスト面も含めて「実用的」なレベルに向上させます。SINSOには、Web2.0企業がWeb3.0移行の大きなきっかけとなります。

SINSOトークンの価格上昇シナリオの一例は?

①SINSOノードステーキングや保証料の支払い、ストレージサービスの購入、ガバナンス投票などによりトークンが消費され、需要が増すことで価格が上昇します。また、②取引手数料の一部として使用する際にSINSOトークンがBurn(バーン)され、トークンの総量が減少し価格上昇します。

企業はSINSOをどのように導入しますか?

ツール単体では無料公開されているSINSO Getwayに「API」と呼ばれる仕組みで接続し、Web3.0サービスの開発に役立てることが可能です。APIのコードはすでに公式HPで公開されています。

SINSOの競合・類似のプロジェクトは何になりますか?

$SINSOはまったく新しいトークンであり、SINSOもかつてないプロジェクトです。SINSOは開発しているサービスの明確な需要が確認されてから開発されており、他プロジェクトとコンセプトは異なるためです。しかし強いて言えば、SINSOはレイヤー2プロジェクトの「Polygon (MATIC)」「Optimism」「Arbitrum」とその価値において共通点があります。

SINSOトークン日本語完全解説まとめ

SINSOトークン日本語完全解説まとめ

SINSO(シンソー)プロジェクト(前澤友作氏出資)について、本記事では日本語で徹底解説することを試みました。

SINSOトークンの将来性は、

  1. SINSOは成功を収めたFilecoin(時価総額30位)の関連プロジェクト
  2. SINSOの投資評価額1.5億ドルも、依然として過小評価
  3. 前澤友作氏はSINSOに1.5億ドルの評価額で投資済み
  4. SINSOはデータとNFTに真のWeb3をもたらす
  5. 近い将来、アマゾンクラウド (AWS Cloud)のSINSO対応にも期待
  6. $SINSOは継続的なBurn(バーン)で希少価値を強制的に高める設計
  7. $SINSOはマイニングやステーキングで価格横ばいでも利益を見込める
  8. SINSOエコシステムの参加プロジェクト増加で$SINSO価格も上昇へ
  9. SINSOのテストネット開発は大成功

という9つの希有なファンダメンタルズに裏付けられています。

2023年~24年は仮想通貨市場の回復とともに、「SINSO」というプロジェクト名が飛び交う1年となるでしょう。前澤友作氏の出資が広く知られ、SINSOトークンが話題性を持って価格上昇するその日まで、SINSOの初期投資家として日本コミュニティを盛り上げていきましょう。

SINSOは近日、格安で先行投資可能なトークンセールが開催決定しました。SINSOへの投資を検討中の方は必ず以下の日本語版SNSをフォロー(登録)してお待ちください。

\公式LINEで最重要アナウンスを取得/SINSO公式LINE

\チャットでSINSO投資家同士で情報交換/SINSOオープンチャット

\ツイッターをフォローして最新情報を入手/SINSO日本語ツイッター

\SINSO購入はこちら※ブックマーク推奨/SINSO購入ページボタン

早期完売濃厚につき、セール開始後すぐに手続きできるようお申し込みページを「ブックマーク」してご準備を!